ワクワク Rwanda プロジェクト

2020年2−3月に神戸市の「起業体験プログラム」に参加し、ルワンダを訪れました。ルワンダと言えば、ジェノサイドや「ルワンダの奇跡」が有名かもしれません。現在は、2030年のICT立国を目指して、様々な国のサポートを得て、日々進化しています。

ルワンダ訪問の際に東アフリカの伝統布キテンゲを利用した、アパレルビジネスを展開したいと考えました。

それは、服飾サービスに携わるルワンダ人(特にシングルマザー)が多いこととと、日本に笑顔を増やすにはキテンゲのポップな色・デザインがもってこいと思ったからです。

 

ルワンダでは多くの人が市場や自宅の軒先でミシンを置いて、縫製ビジネスをしています。両国を繋ぐことで両方の国の人たちの笑顔が増えるんですね。ワクワクしてきます。

スクリーンショット 2021-06-21 16.14.38.png